住宅ローンの滞納は危険|思い通りに駒を進めたいなら|マンション売却を成功させる術

思い通りに駒を進めたいなら|マンション売却を成功させる術

住宅ローンの滞納は危険

説明

一般売却との違い

住宅ローンを滞納してしまったらすぐにでも任意売却の手続きを取り始めましょう。任意売却を扱っているのは金融や法律の知識がある不動産業者で、大阪にもそのような不動産業者はいくつも見つけることができるでしょう。一般売却と大きく違う点は、金融機関との交渉により住宅ローンの残債を減らせたり、売却先が決まるまで住宅ローンの返済の猶予期間なども交渉次第で調整ができたりといった可能性があることです。もちろん一般売却と違って任意売却にはペナルティも生じます。本来支払うはずの金利分を免除してもらう代わりに一定の期間は信用情報に記録が残り、新たなローンの借入は難しくなるという特徴があります。不動産売却と債務整理の両方の側面があるので大阪で任意売却をご希望なら専門の不動産業者に依頼しましょう。

すぐに行動を

大阪で任意売却を考えている方は今すぐにでも相談するようにしましょう。カードローンなどの返済を滞納した場合と比べると住宅ローンの滞納は差し押さえまでが早いと言われています。督促に悩まされるといったような段階はすぐに終わり、裁判所により差し押さえと競売が強制的に執行されるのです。このような状況になってしまう前に任意売却の手続きを始めておけば差し押さえを免れる可能性は多大に残されているのです。任意売却では差し押さえとならないように金融機関と交渉をしてくれます。この交渉では金融の知識は欠かせないため、一般的な不動産業者ではなく大阪でも任意売却に強い専門の不動産業者に依頼するのが基本となります。住宅ローンを一度でも滞納してしまったらすぐに相談しましょう。